ビーグレンは悩み別のケアができるスキンケアコスメでタイプ別に最適なケアがあります。

ちりめんジワ

目元のちりめんジワは乾燥が原因です。乾燥には保湿ケアが必要ですが、ただ保湿をするだけでは、お肌はまたすぐに乾燥してしまいます。大切なのは肌に保水力を高めることです。保水力を高め成分として代表的なものは<コラーゲン>と<ヒアルロン酸>です。これらの成分を角質層の奥まで届けることで保水力が高まり、ちりめんジワを防ぐことができます。

 

たるみジワ

ほうれい線や頬のたるみ、首の横ジワの原因は、コラーゲンの弾力が弱まって肌を支えきれずにたるんでしまうために起こります。たるみジワに効果があるのは、<ビタミンC>。ビタミンCは、コラーゲン繊維に働きかけてコラーゲンを増やす作用があります。壊れやすく、浸透しやすいビタミンCを肌の奥まで届けることが、たるみジワ解消のカギとなります。

深いシワ

額のシワ、眉間のシワ、目じりのシワなど表情ジワは、肌の弾力をつかさどっている真皮のコラーゲン繊維が変性や断裂を起こした状態です。それを細胞レベルで修復してくれるのが<ペプチド>という成分です。ペプチドは肌のハリ・弾力に不可欠な<エラスチン>の生成を促し、お肌を若々しく保ってくれます。ビーグレンのシワ・エイジングケアシリーズなら、それぞれのシワに最適なケアが行えます^^

10-YBスキンローション高機能化粧水のスキンケアローションは、肌の再生力を高める成分を

独自の浸透技術でナノカプセル化した保湿ローションです。コラーゲンとヒアルロン酸を角質層の奥まで届け、肌の保水力を高めます。

美容液Cセラム

壊れにくく浸透しにくいビタミンCを独自の浸透技術でナノ化。コラーゲン繊維に働きかけてハリのある肌を作ります。

エイジリンクルクリーム

ペプチドをはじめとするエイジングケア成分を肌の真皮まで届け、深いシワを改善させます。

ビーグレンのシワ・エイジングケアシリーズの口コミ

 

ビーグレンは特に、アンチエイジングケアには定評があります。私も使っている、ビーグレンのシワ、アンチエイジングケアですが【エイジリンクルクリーム】は特にお気に入りです♪やや固めのテクスチャーですが、すごく伸びが良いです。心配だったべたつきもありませんでした。これは肌にしっかり浸透した、ということなのでしょうね(#^.^#)こってりしているかと思っていましたが、使ってしばらくしてみると肌が程よくしっとりしています。乾燥からお肌を守ってくれている感じです。しかもそれがしっかり翌朝まで続いているからうれしいですね。夜使って、翌朝の肌がすごく良い感じになります。使い続けるうちに肌が元気になってきて、ハリとツヤがでてきたと感じました。

1ヶ月ほど使って気付いたのですが、目元のちりめんジワが目立たなくなっていました(^^♪ 他にも【Cセラム】もなかなかのものです(#^.^#)これは、真皮層にあるコラーゲンを増やす働きがあるそうです。肌のハリを取り戻してくれます。ほうれい線などのたるみジワに効果がありそう♪ローションにもコラーゲンやヒアルロン酸が配合されています。つけた感じはさらっとしていますが、潤いは感じます。しっかり奥まで浸透している、という証拠ですよね(*^_^*)すごくオススメなスキンケアセットですが、『ビーグレン』をまだ使ったことがない、という初めての方でも大丈夫(^_^)v ちゃんとトライアルセットもありますよ♪トライアルセットは10-YBローション、ビタミンC美容液、エイジリンクルクリームの3点セットです。

最近、肌荒れやシワに悩む人の多くがチェックしている「b.glen(ビーグレン)」というメーカー。実はアメリカの企業で、カリフォルニア大学の薬学部のビバリーグレン教授が、奥さんのために立ち上げた化粧品会社なんだそう。肌ケアに欠かせないビタミンにこだわった処方や独自新党技術が、医療レベルでも世界的な注目を集めています。最近になってテレビCMでもレチノール配合「しわ改善化粧品」をよく見かけるようになりました。

 

ビーグレン化粧品はシワのケアに特化したレチノール化粧品の『ビーグレンキューソームレチノA』がとても人気があります。他のレチノールクリームとの違い、商品の特徴・使い方・口コミを見ていきましょう。

主な成分は、2種類のビタミンAであるレチノールプラスと、レチノイン酸トコフェリル。これらは、最新の浸透テクノロジーによって、肌の角層奥に届くよう、極小のカプセルで包み込まれています。素早い浸透によって、肌をぬった瞬間から柔軟にしていく上、奥からじっくりと肌のハリのもとを作り出す作用があります。

 

そもそもビタミンAは、繊細で壊れやすいのが特徴。熱に弱いということは、広く知られています。それを独自の研究で、年齢を重ねた肌の奥へ届けられるようにしたのが、浸透テクノロジー「QuSome(キューソーム)」なのです。

 

キューソームとは? 初めて聞く方も多いのではないでしょうか。浸透テクノロジーと言われても分かりにくいですよね。分かりやすく説明すると、医療レベルの浸透技術のことです。化粧品の多くが、肌の奥まで浸透する成分ではないことをつきとめた、ビバリーグレン教授。この浸透技術を応用して、奥さんのために化粧品をつくりあげたそうです。

 

浸透力を高めるだけで、肌にはどのような影響があるのでしょうか?まず、化粧品の効果を実感できるまで短時間で済むようになります。つぎに、肌バリアが早く活性化することにより、肌ストレスを軽減することができるようになります。つまり、肌への負担が軽減されることにより、肌トラブルも減っていくのです。連鎖反応のように、肌状態が改善していくのがキューソームの効果と言えるでしょう。

 

さらに配合されているのは、肌のハリや弾力の維持を高める最新型ペプチドの、トリフルオロアセチルトリペプチド-2や、肌にうるおいを与えるスクワラン、古来よりアフリカで肌のケアに使われてきたオーガニックシアバターなど。最新科学と、古代からの知恵を融合した新しい処方が、年齢を重ねた肌の眉間のシワや、おでこのシワにどこまで効果を発揮するのか、注目したいところですね。

 

キューソームレチノエー』はどんな悩みの人にオススメ?

なんといっても、年齢を重ねて出来てしまった、おでこのシワや眉間のシワを気にしている人にはオススメできそうです。さらに、年齢問わず気にする人が多いと言われている、目尻のシワ、首や手のシワなどにも効果を発揮するそうです。

bglenキューソームレチノA 口コミ

30代後半から、急激に目の周りのしわが深くなり始め、しわ対策としてbglenキューソームレチノAを使い始めました。日頃の事務仕事や、スマートフォン操作等で目を酷使しているのか特にまぶたのしわが深く、元々二重まぶただったのが、左目だけ三重まぶた、疲れが出ると四重まぶたになったりしていました。鏡を見るたびに左右のバランスが悪く気になっていたのですが、ビーグレンキューソームレチノAを就寝前に使うと、翌日はまぶたにハリが出てきれいな二重まぶたに戻っており、毎朝鏡を見るのが楽しみになりました。夜寝ている間に良く浸透しているのが実感できます。1、2本のしわでここまで顔の印象が変わるのだと思うと、もうbglenキューソームレチノAは手離せません。

 

ビーグレン レチノa 口コミでも、肌がなめらかになった話や、滑らかなテクスチャーが話題になってベタつかず、値段以上の効果をみなさん体験できているようですね!

 

ビーグレン レチノa 使い方は、パール1粒程度の『キューソームレチノA』を手のひらに取り、おでこや眉間、目尻などの気になる部分や、顔全体に馴染ませていきます。ここで注意なのが、目の際やくまなどの皮膚の薄い部分や粘膜部分。塗りこむなどの、強いお手入れは避けたほうがいいでしょう。小鼻などの塗りにくい部分には、おさえるように馴染ませるのがポイント。最後に手で顔全体を包み、手のひらが肌に吸いつくようになるまで、優しくていねいにおさえましょう。早い方だと、翌日には効果を実感できるそうですよ!

 

ここで、初回お得に購入する方法をご紹介していきます♪
初めての方は、まずビーグレントライアルセットからスタートさせましょう。すでに刻まれてしまったシワに悩んでいる人への処方となっています。トータルで5ステップですが、これで一通りのケアを体験することができるので、とってもお得です!

シワと早く決別するためにも、お得なビーグレントライアルセットはぜひ抑えたいアイテムですね!

⇒71%OFF!ビーグレン【エイジング】トライアルセットはこちら