コンシダーマルのスキンライズローションは毛穴の悩みに最適なスキンケア商品ですが、どんな人におすすめか?確認してみましょう。年齢を重ねると肌の悩みは増えていく一方ですが、多くの人が悩んでいるトラブルと言えば乾燥によるファンデーションのひび割れや笑ったときの口元のシワ、ざらつきやごわつき、ポツポツなどが挙げられるでしょう。

コンシダーマルスキンライズローション

このような肌のトラブルが起こる原因は年齢のせいだけではありません。肌の内部にあるラメラ構造が乱れることで細胞間脂質の規則性が崩れてしまうため、水分と油分のバランスが悪くなりツヤとハリを失わせているのです。ラメラ層が整っていれば水分と油分がしっかり保たれていますが、反対に乱れていると紫外線や外部刺激によって水分が蒸発し、美しい肌とは言えない状態になってしまいます。キメの整った美しい肌を目指すなら、ラメラ構造を100%実現したコンシダーマルスキンライズローションを試してみるといいでしょう。

 

コンシダーマルスキンライズローションの特徴は今までにない新発想のスキンケアを提案している点にあり、肌成分と肌構造に着目して開発しています。肌成分には皮脂のスクワランをはじめ、細胞間脂質のセラミドやNMFアミノ酸・ミネラル、真皮構成成分のコラーゲン・ヒアルロン酸が含まれています。これらの肌成分をただ配合するのではなく、肌と同じようにラメラ構造にすることで肌の再現に成功しています。最大の特徴であるラメラ構造は世界初の独自技術であり、肌表面にうるおいの膜をはってバリア機能をサポートしています。

 

配合している主な成分は厳選された30種類の美容成分で、年齢による変化や肌トラブルを予防しながらハリとツヤ、透明感を与えます。真皮構成成分には加水分解エラスチン、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Naがあり、肌に弾力を与えてシワやたるみを改善します。細胞間脂質のセラミド3は肌内部のうるおいを維持させて美肌効果を高めます。従来の成分や機能をパワーアップするために、セラミドやヒアルロン酸といった美容成分を200%アップして保水力を高めています。

 

さらにconsidermalオールインワンの新成分としてプラセンタとEGF上皮成長因子を配合していますが、プラセンタはマリンプラセンタと発酵プラセンタを厳選しており、エイジングケアに最適です。年齢肌を改善して若々しい肌を取り戻したいという願いを効果的に叶えてくれる成分です。上皮成長因子のEGFはノーベル賞受賞の成分で健康的なターンオーバーをサポートしながら肌の悩みにアプローチします。

 

オールインワンタイプですから使い方は非常に簡単です。洗顔した後の肌に浸透させるだけで、うるおいのあるみずみずしい肌が実感できるでしょう。実際に試した人からは1本でうるおいのある肌に改善できたと評判は上々です。

コンシダーマル
コンシダーマルスキンライズローションには、スタンダードとプレミアムという2つのお得な購入方法が用意されています。うるおい実感定期便プレミアムコースは初回54%オフの2268円で購入可能です。

初回購入限定・お得なキャンペーン詳細ページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
肌成分×肌環境に着目したオールインワン化粧品【Considermal(コンシダーマル)】